2006年08月20日

TOPのおもちゃ

トップ・ページにおもちゃをつけてみました。
mixiにもあるけど、PCで聴いた曲を勝手に集計して表示してくれるというもの。

私の場合、下手な日記を書くよりよほど日記の役目を果たすと思う(笑
posted by BustaCat at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

1975年.ベビーブーマー、ロック

まもなく終戦記念日がやってくる.そして戦後生まれの世代、日本で言えば『戦争を知らない子供たち』が第一線からリタイアする時期がやってくる.
日本においての『戦争を知らない子供たち』は、フォークソングの世代なのだが、欧米のベビーブーマーは、紛れもないロックの世代、というよりロックを生み出した世代だ。

ところで…

手元に1975年1月号の(New)Music Magazineがあるのだが、これは本の整理をしていてひょっこり出てきたものだ.定価が250円というのが時代を感じさせる.30年前の音楽誌を眺めるているうちに、当時のことが次々と鮮明に思い出される。
続きを読む
posted by BustaCat at 19:20| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ご無沙汰です

私の仕事はサッカー・ワールドカップの年にはひどく忙しい、というジンクスがあって、今年はまさにジンクスそのままになってしまいました。
ここ一ヶ月あまり、CDは一枚も聴いていない、本は一冊も読んでいない、映画はいわずもがな・・・という状態でした。
それでも、一日10分間だけギターを弾く時間を無理してでもとっていたのは、我ながらえらいというか、悲哀が漂うというか。

ところで、そうしているうちに、娘が家を出ることになりました。とはいっても、もうこの1年余り「半分」出て行ったようなものだったのですが・・・
「正式に出てゆく」のはまだ未定なのですが、とりあえず部屋は完全に引き払うこととなりました。
月並みに思い切り寂しくはあるわけですが、ついでに痛くもあります。
というのも、音楽の趣味をかなり近いところで共有できる子だったからです。
昔はよくブルーノート他、ライブハウスに一緒に連れて行ったものです。連れて行ってもらった、というとり方もありますが(笑

娘にはパーカッションを叩くという得意技がありました。実は、ブルーノートで"Nothing But The Funk"のカール・ペラッツォ(現SANTANAのパーカッション)を観て以来、パーカッションにはまった挙句に一時はプロのレッスンを受けていました。将来はシーラ・Eになってもらおうと期待していたのですが、どうやら普通のお嫁さんになる模様です(笑
posted by BustaCat at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。