2008年04月13日

Planet Earth

Planet Earth

1. Planet Earth
2. Guitar
3. Somewhere Here On Earth
4. The One U Wanna C
5. Future Baby Mama
6. Mr. Goodnight
7. All The Midnights In The World
8. Chelsea Rodgers
9. Lion Of Judah
10. Resolution

遅ればせながらのレビューです。
この4月でPrinceはデビュー30周年なのだそうで、ちょうどいいタイミングかもしれません。

いつになくレビューしにくいアルバムです。もっともPrinceの場合、レビューしやすい作品などあり得ないかもしれません。

1曲目のタイトルトラックをリビングで聴いていたら、家族から「これPrince?!・・・キング・クリムゾンみたい」という驚きの声があがりました。キング・クリムゾンというのは極端かもしれませんが、いいたいことはよくわかります。私は最初に聴いたときピンク・フロイドを連想しました。似たようなものか・・・。
60年代末のUKプログレッシブロックを思わせる大袈裟な構成とサウンド、内実はシンプルなサウンド。やはりどちらかというとピンクフロイドでしょう。強いていうなら、Electric Lady Landの後半を思わせると言えなくもありません。

続きを読む
posted by BustaCat at 01:58| Comment(4) | TrackBack(0) | プリンス Prince | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

Johnny Winter 不滅のB級ロックンロール(差替)

Live Johnny Winter And

1. Good Morning Little Schoolgirl
2. It's My Own Fault
3. Jumpin' Jack Flash
4. Rock And Roll Medley: Great Balls Of Fire / Long Tall Sally / Whole Lotta Shakin' Goin' On
5. Mean Town Blues
6. Johnny B. Goode



ギタリストとしてのJohnny Winterの評価は不当に低いと思うのです。今にも忘れ去られていまいそうな気配があります。

Rolling Stone の
The 100 Greatest Guitarists of All Time」 で、
Stevie Ray Vaughan 7位
Johnny Winter 74位
同じテキサス出身の白人ブルーズギタリストとして、Stevie Ray Vaughan(SRV)は、評価も知名度も高いのに、何故Jonny Winterの評価はこんなに低いのか・・・。これには納得できないものも感じます。

この人の評価の低さの理由を色々と考えてみた末の結論は、この人が超一流のB級ギタリストだ、ということです。
例えば、ディープな映画ファン(自称映画通)は、「B級SF」や「B級ホラー」を観る事はあっても評価はしないでしょう。でも、「B級SF」や「B級ホラー」には、映画の楽しさの原点が詰まっています。しかもB級映画の中には映画というものの本質を見事なまでにスッパ抜いた傑作が、少数とはいえ存在します。
Johnny Winterは、映画で言えば、そうした傑作B級作品に似ていると思うのです。
自称音楽通達にとっては評価しにくいギタリストでしょう。Jimi Hendrixを称えるのは実に簡単ですが、Johnny Winterを称えるのは少しばかり勇気が必要かもしれません。
そんなこともあって、私が大々的に紹介します。

レガシーロックギターの本質、というものがもしあるとすれば、Johnny Winterはその一面を見事に濃縮しているかもしれません。
続きを読む
posted by BustaCat at 01:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ギタリスト Guitarist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。