2008年06月01日

シスターロゼッタ

復活したのはいいけれど、どうも投稿が停滞しがちのこの頃。
心機一転、BLOGを全面模様替えしました。新緑バージョンだなこれは。
コンテンツブロックが狭くなったので、長文になりがちな私のBLOGが読みやすくなったと思うんだけど・・・

今日はやたらに元気の出る音楽を紹介。



Sister Rosetta Tharpe
1915〜1973年
戦争の前後、30年代末から40年代にかけて活躍したゴスペルシンガー。
ゴスペルシンガーとはいえ、ギターがメチャうまいです。
映像はたぶん60年前後のものということなんですが、この豪快な歌いっぷりと後半のギターソロ…たたみかけるノリがちょっとスゴイと思いませんか?
なんか原点を見せられるようで、目が覚める思いがします。
なんか元気でるな〜。

古くはエルビスプレスリーから、アレサ・フランクリン、ジョン・レノン、若手ではデレク・トラックスまで影響は多大。です。
posted by BustaCat at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。