2009年01月10日

Jeff Beck と私



中学生の頃、私はJeff Beckに似ていると言われていた。ただし顔の話(多分これを読んだ家族は爆笑)。自分では、顔の輪郭と鼻の形だけはそっくりだと思う。

高校生の頃、Eric ClaptonとJeff Beckのどちらが上かという不毛な議論を果てしなくやっていた。意見は割れるのだが、とりあえずJeff Beckの方がカッコいいというところでは一致をみる。

ギター少年としての私は、Jeff Beckのスタイルは、実はあまり好きではなかった。突拍子もなくてついていけない、というのが正直なところ。でも、Jeff BeckがFunk Albumを録音しているらしい、という噂が流れた時には密かに興奮した、この噂のFunk Albumこそ後に『Blow By Blow』としてリリースされたものだった。初めてそれを聴いた時は、本当に熱かったのをよく覚えている。

近年のJeff Beckについては、もう、好きとか嫌いなどという問題ではなくて、とにかくひたすらに愛おしい。

そんなJeffの初期の頃の、つまり自分にとって懐かしい時代のベスト盤を選ぶとすると、やっぱり『Rough And Ready』で決まりになる。
71年のリリースなのだが、あの時代の空気を本当によく現していると思える。素直に SOUL が強く入ったアルバムなのだが、その入り方がいかにもJeff Beck...と感じてしまうのだ。思えばこの時代のSOUL Musicというのは、《僕たち》とって、なんと言うのか(大袈裟だけれど)神々しくさえ感じられたりしていたのだ。その神々しさをカッコよくROCKにたたみこんだこのアルバムは今聴いても傑作だったと思う。


posted by BustaCat at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ギタリスト Guitarist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。