2010年02月21日

Jimi Hendrix: Valleys of Neptune

カタログの権利がソニーに移ったことにより日の目を見ることとなった未発表スタジオ音源集だ。1969年にロンドンとニューヨークでレコーディングされたテイクが収められている。(ADLIB2010年3月号)

気になるのはタイトルトラックである"Valleys of Neptune"なんですが、これは、ネット上ですでに公開されています。
http://ow.ly/19hK4

Amazon http://ow.ly/19AoR によると
This track was recorded in September, 1969, and May, 1970. This full-band version has never been released. An extract of a demo Hendrix made of this song -- featuring just Mitchell on drums and percussionist Juma Sultan -- was part of the short-lived Reprise/Polydor album Lifelines, which was in the marketplace between 1990 to 1992.


手元の資料を調べてみました。
LIFELINE THE JIMI HENDRIX STORY というアルバムが90年の11月27日にリリースされています。4枚組みだったようです。
Valleys of Neptuneは、そのディスクVに収められていたのが初出です。多分。
その後91年に、CHEROKEE MISTというブートに、同じTAKEの完全版?が出ているようです。
手元の資料では、AUG or SEP 1969の録音ということになってました。

AMAZON記載の recorded in September, 1969, and May, 1970. の1970年の録音というのは確認できませんでした。これは...後から音被せたということ?かしら。

いずれにせよWOODSTOCKの直後の録音なんですね。ストリーミングされているのを聴いた感じでは、まさにWOODSTOCKにおけるJamの延長という印象を受けました。
気になる人はhttp://ow.ly/19hK4で聴いてみてね。

ただ...未発表音源という他に特筆すべきことはないような

今時の技術は発掘音源を綺麗に化粧直しして聴くに耐えるものに仕立てることを可能にします。
でも、それってツタンカーメンのDNA調べてるのと同じような気がして、複雑な心境になるのは私だけ?
もう そっと しておいてよ...なんて。。。

とはいいながら、このアルバム予約してしまいました。
届いたらレビューします。






この記事へのコメント
あう〜ん、ちょっと購入するにはどうなんだろう?と^^;

BustaCatさんのレビューを、待つことにしますm(_ _)m

>今時の技術は発掘音源を綺麗に化粧直しして聴くに耐えるものに仕立てることを可能にします。

私もこれ、いいような悪いような・・・?と思ってます。

あのぼわ〜んとした”音”が、良かったりするのを、わざわざクリアな音にするのって、どうなんだろう?と。

レコードからCDに変わったとき、その音質に違和感を感じた人達は、きっと同じような感覚を持ってると思うんですけど。

SonyのUSB接続レコードプレーヤー、買い損ねてる私です^^;
Posted by オクターブの共鳴音 at 2010年02月25日 18:23
このアルバム実は、ダメもと、と自分に言い聞かせつつ期待してます。。。ということでお楽しみに。

LPからCDへの移行って、自分は素直に受け入れたのですが、一番驚いたのが、CREAM時代のECのギターサウンド(GibsonSG->Marshall)でした。

それはともかく、今時の音作りの主体が、アーティストというよりエンジニアとプロデューサーになっちゃってるのが、どうも、私的にはいただけません。やっぱ、古い人間なんでしょうか(笑
Posted by BustaCat at 2010年02月25日 23:58
AMAZON記載の recorded in September, 1969, and May, 1970. の1970年の録音というのは確認できませんでした。これは...後から音被せたということ?かしら。

いずれにせよWOODSTOCKの直後の録音なんですね。ストリーミングされているのを聴いた感じでは、まさにWOODSTOCKにおけるJamの延長という印象を受けました。
気になる人はhttp://ow.ly/19hK4で聴いてみてね。

ただ...未発表音源という他に特筆すべきことはないような

今時の技術は発掘音源を綺麗に化粧直しして聴くに耐えるものに仕立てることを可能にします。
でも、それってツタンカーメンのDNA調べてるのと同じような気がして、複雑な心境になるのは私だけ?
もう そっと しておいてよ...なんて。。。

とはいいながら、このアルバム予約してしまいました。
届いたらレビューします。
Posted by at 2010年02月27日 05:29
このアルバム実は、ダメもと、と自分に言い聞かせつつ期待してます。。。ということでお楽しみに。

LPからCDへの移行って、自分は素直に受け入れたのですが、一番驚いたのが、クリーム時代のエリッククラプトンのギターの音でした。

それはともかく、今時の音作りの主体が、アーティストというよりエンジニアとプロデューサーになっちゃってるのが、どうも、私的にはいただけません。やっぱ、古い人間なんでしょうか(笑
Posted by TEST at 2010年02月27日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141837173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。