2005年04月09日

十字路で悪魔に魂を…

jimi_ws01.jpg

 ジミ・ヘンドリクス Jimi Hendrix を知っている人なら、Purple Haze という曲を必ず知っているだろう。この曲の「切れた」イントロの響き。知ってる人は知ってるだろうが、あれはトライ・トーンという、コードで言えば7thコードの構成音だ。7thコード自体はごくあたりまえの響きしかもたないが、そこからトライ・トーンだけを抜き出すと恐ろしく「切れた」不響音であることがわかる。要するにこれこそBluesの音そのものだ。
 JimiはPurple HazeやRed Houseに代表されるように、このトライ・トーンの使い方がいつも極めて印象的というより、恐ろしく印象的なのだ。この響き、例えばバッハに代表される「神の調和」を目指した響きの、そのまさに対極に位置する「悪魔の反抗」の音…。
 Jimiのことを神になったギタリストなどと呼ぶのを見たことがあるがとんでもない。Jimiは十字路で悪魔に魂を売った……に違いない。結果としてミュージック・シーンに永遠の遺産を残したが、二十七歳の若さで夭折してしまった。
 Jimiは悪魔に魂を売り、そして天使と話を交わした。本当は Gypsy Eyes の愛が欲しかっただけなのに…
この記事へのコメント
こんにちは。早速ご来訪いただいて、ありがとうございます。
 私の好きな、今となってはあまり一般的とはいえないアルバムを同じく気に入っておられる方からコメントいただけて結構嬉しい気分です。
また寄らせていただきます。

*私のBlogからリンクを貼らせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。
Posted by axis_009 at 2005年04月09日 18:26
トラックバックありがとうございました。
よろしかったら名曲・名盤の投稿お願いします。
Posted by YUKIO at 2005年04月10日 14:03
YUKIOさん >
はじめまして
コメントありがとうございます。

Blogを拝見してのですが、何か素晴らしいことをなさろうとしているのはわかりましたが、(多分私が鈍いせいで)「投稿」っていう意味がよくわかりません。
Blog来訪者がBlogに投稿できるんですか??
もしかして私、とんでもない勘違いしてます??
(わからないの私だけかな・・・)
Posted by Musicology(BustaCat) at 2005年04月10日 20:42
Musicologyさん>Blog来訪者がBlogに投稿できるんですか??

BOOKMARKに投稿エントランスへのリンクが
はってありますのでよろしければお願いします。
ちょっとわかりにくかったですね...すいませんでした。
Posted by YUKIO at 2005年04月10日 22:54
YUKIOさん
納得しました。ありがとうございます。
Blogの趣旨も納得しました。
とても素晴らしいですね。
できれば協力させていただきます。
Posted by musicology at 2005年04月11日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

JIMI HENDRIX IN THE WEST/JIMI HENDRIX
Excerpt:  ジミ・ヘンドリックスの死後、'69〜'70年に行われた3つのライブからの演奏を集めて発表されたライブ・アルバム(1972年発表)。現在ではそれぞれのステージの完全盤がアルバムとして発表されているため..
Weblog: Rock! ALBUM SELECTION
Tracked: 2005-04-09 16:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。