2005年05月03日

Jimi に纏わる et cetera

 ここ数日「ここ」へのアクセスが異常に多いので、連休のせい? くらいに思っていたのですが、アクセス・ログを調べてみると『Woodstock の覚書』にアクセスが集中してます。コメント少ないけど(笑
 それで気がついたのですが、そえじま様の Jimi Hendirx サイトでリンクを張っていただいたのが、アクセスアップの原因でした。そえじま様 ありがとうございます。私は、そえじま様のサイトを定期チェックしているのですが、Jimi の新譜情報については、ここさえチェックしておけば大丈夫、という感じで頼り切ってます(いつもお世話になります)。

(そんなわけで『Woodstock の覚書』を自分で読み返してみたのですが、誤字・誤変換はあるし、文脈ところどころ壊れているし、酷い文章だなこりゃ……というわけで、若干書き直しました)

 私が Jimi を初めて聴いたのは中学生のとき、Woodstock を始めて観たのは高校生の時でした、場所は都内の某名画座です。あれから数十年(笑……。オリジナルサントラ盤に収められた曲については、少なくとも100回以上聴いていると思います。今ここで譜面を書けといわれたら、空でスラスラとバンド譜を書けますね(笑。
 そんだけ思い入れがありますので、Jimi についての記事を書くと、自分でも気がつかない妙なバイアスがかかっているのではないかと時々心配になります。下手をすると贔屓の引倒し……なんてことにも。

 それでも頑固な私としては [Jimi Hendirx = 偉大] というステレオ・タイプがどうも気にくわんのです。単なる「歴史のモニュメント」としてではなく、Jimi そのものをもっと聴いてよ……とばかりに。それで時として皮肉めいたことも書いてしまうのですが、それもこれも過度の思い入れの結果と看過していただければ嬉しいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3273729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。