2005年05月20日

ジミ・ヘンドリックスの Stratocaster

Jimi の伝記本は数多くありますが、その中でも決定版と思われるのが

ジミ・ヘンドリックス エレクトリック・ジプシー〈上〉

ジミ・ヘンドリックス エレクトリック・ジプシー〈下〉

ここのJimi系の記事を書くときにもちょこちょこ参照してます。
この本は、伝記として読むと、少し著者の好み(と愛情)が強く出すぎていてついていけない部分も多いのですが、資料としては最強と思われます。
資料としては、ディスコグラフィー、バイオグラフィーは当然として、使った楽器、機材のリストや家系図なんてのまで載っています。

資料の中で面白かったのが、Jimi が活動期間中に使用した Stratocaster なんですけど、全部で23本。そのうちローズ指版のものが16本、メイプル指版のものが7本なんですね。
そして、そのうちJimi がステージで「破壊」してしまったのが3本(意外に少ない?)。

私は、個人的にはローズ指版の Strato が好みです。理由は周波数レンジ(特に高音)が広くて音抜け(特にコード音の音抜け)がいいのと、倍音フィルタ系のエフェクタがキレイにかかるから、さらに、生音がきれいだから、といったところです。
メイプル指版の Strato は、ハイ・ミドルが強く出るので、アタッキーなサウンドがしますし、割とキレイにディストーションがかかるので、好む人が多いように思います。でも、ハイエンドはどうしても詰った感じになります。
私は、ピッキングが(多分)異常に強いので、ローズ指版の方がしっくりするのかもしれません。

で、Jimi のサウンドというのは、私のイメージでは、やっぱりローズ指版なんです。

ところで、Jimi というと Strato というイメージが強いですが、それ以外のギターをみていくと
Fender では、Mustang, Jagger
Gibson では、Les-Paul, Flying-V, ES-335, SG なんかも使ってるみたいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

芸能人INDEX ジミ・ヘンドリックス
Excerpt: 芸能人INDEX ジミ・ヘンドリックス
Weblog: 芸能人INDEX
Tracked: 2005-05-21 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。