2005年05月20日

"So What The Fuss" 別バージョン

なかなかリリースされない Stevie の新譜ですが、
So What The Fuss の別ミックス・バージョンをご紹介

1.ラジオ・エディット
CIAO さんに言わせると70年代ダンスチューン風。
ちょっと、懐かしいっぽいミックス。
アップテンポにしてあって、ベースラインが確かにちょっとレトロ・ダンス調。
しかも、ギターにはWOWがかかってる(これも Prince ??

2.アルバム・ヴァージョン
これはオフィシャルサイトで聞けるもの

3.リミックス(feat.Q-ティップ)
これは不思議なミックスで、FUNKを完全にとっぱらって、リリカルな雰囲気に仕上げています。ギターは省かれて、ベースラインも完全にハネなくしてあります。
こうすると、歌詞が全く違うものに聴こえてくる……

Should I be drivin thru a klantown, find a restaurant to get me some food
And someone says "hey boy, we don't serve your kind"
Shame on them

ほとんど70年代のStevie だ……
この記事へのコメント
この格好良いリミックスの元ネタはMobb Deepという2人組の「Shook Ones Pt.U(1995年)」かと思われますがどうなんでしょう?
もし良かったらアマゾンでちょっと試聴出来るので聴いてみて下さい(15曲目がそうです)。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B000002WR5/qid=1130626239/sr=1-3/ref=sr_1_3/104-4747502-2195148?v=glance&s=music
※既にご存知のようでしたら削除しちゃって下さい。
Posted by g__g at 2005年10月30日 08:04
あ、確かに似てますね。
でも、このアルペジオは主旋律から素直に導いたような気もしますが、私もよくわかりません。
Posted by BustaCat at 2005年10月30日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3775231

この記事へのトラックバック

「So What The Fuss」な私
Excerpt: 公式サイトでStevie Wonderの新作「So What The Fuss」のPVを観たり、繰り返し、CDを聴いたりしている内に、歌詞の事も考えてみたりして。
Weblog: Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-
Tracked: 2005-05-25 22:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。