2005年06月02日

スティーヴィー・レイ・ヴォーン

srv_tf.jpg

ある時、車のFMラジオからVoodoo Chile(slight return)が聞こえてきました。運転しながら思わず聴き入ったのですが、それがジミの演奏ではなくスティーヴィー・レイ・ヴォーンの演奏であることに、すぐには気づきませんでした。まぁ車の中というのもありますが、それくらいに彼の演奏はジミに肉薄するものがありました。

ご存知の方が多いと思いますが、スティーヴィー・レイ・ヴォーンは1990年に飛行機事故で他界してます。なんでまた……よりによって……という感じです。

彼のジミへの傾倒は半端なものではありませんでした。ジミへのトリビュートアルバムPower Of Soulで聴くことができる Little Wing〜Third Stone From The Sun のメドレー(ライブ)はまさに圧巻…鬼気迫るもので、このトリビュート・アルバムの最後を飾るにふさわしい内容です。部分的にはジミよりもジミらしいところがあったりして……

ただ、正直に書くてしまうと、私としては白人ブルース・ギタリストって全般にどうも苦手なんです。
私が、白人ブルース・ギタリストを苦手なのは、多分6/8のスロー・ブルースにおいてですね。これについては、スティーヴィー・レイ・ヴォーンも例外ではありません。やっぱ、彼のスロー・ブルースも苦手だな……アルバート・キングっぽいブルースなんですけどね……。
もちろん、スティーヴィー・レイ・ヴォーンについて言えば、すごいギタリストであったことに、いささかの異論もないのですが。

まぁ、偏屈なこと言っててもはじまらないので、スティーヴィー・レイ・ヴォーンのこれ一枚。
デビューアルバムの衝撃が今も新鮮です。


Texas Flood

posted by BustaCat at 19:57| Comment(7) | TrackBack(2) | ギタリスト Guitarist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
移動するために乗ったヘリコプターが墜落したんじゃなかったっけ。これからって時に他界してしまいましたよね。残念。
Posted by ぷらちな at 2005年06月02日 21:59
ぷらちな さん。するどい突っ込みどうもです。
>移動するために乗ったヘリコプターが墜落したんじゃなかったっけ
今度しっかり調べてみます(苦笑
いずれにせよ、残念です。
Posted by BustaCat at 2005年06月02日 23:13
ネットに落ちていたレイ・ヴォーンの Voodoo Childe の動画(なんと20年以上も前の1983年もの)をゲッツしますた。

>部分的にはジミよりもジミらしいところがあったりして……
 
確かにスゴイとは思うのですが、所詮ジミちゃんの真似(イミテーション)じゃないですか。ですので、余計にジミちゃんの凄さを再認識しますた。
Posted by ぷらちな at 2005年06月03日 22:32
> 所詮ジミちゃんの真似
> 余計にジミちゃんの凄さを再認識…

そりゃーそうですよー(笑
だから『部分的』にということで、最大限SRVに敬意を払ったのでした。

「ジミの再来」、「ジミを超えた」なんていうキャッチフレーズを何度目にしたかわかりませんが、所詮キャッチはキャッチと……
Posted by BustaCat at 2005年06月04日 00:34
コメント、トラックバック有難うございました!
確かに、レイボーンはジミを真似た部分が多いですね、ジミを発展させる事は出来ませんし。ただ、ブルースギターのフレーズを洪水のように溢れ出させる才能は、停滞していたブルースを発展させたと思っています。ブルースをより聴衆に近づけたと。

レイボーンは、クラプトンやロバートクレイとのツアー帰りの飛行機で墜落したんですよね。なぜ、レイボーンだけの飛行機が落ちたんだろうと、悲しく思います。
Posted by lenmac at 2005年06月04日 08:53
初めまして。
僕もスティーヴィー・レイ・ヴォーン
大好きです。
デビューアルバムは強烈でしたよね。
彼からアルバートキングやケニーバレルを知りました。

クラプトンは事故の後、「何で俺が生き残ってしまったんだ。」
みたいな事をいっていたそうで・・
Posted by rocka at 2005年06月05日 09:45
lenmac さん。コメントどうもです。
思うんですけど、レイボーンの良さは、アルバートやジミを真似た部分ではなく、レイボーン独自の部分じゃないかと…。
レイボーンは独自の強烈な個性を持ってましたから。

rocka さん。
はじめまして。コメントありがとうございます。>デビューアルバムは強烈でしたよね
腰が抜けましたね(笑
>彼からアルバートキングやケニーバレルを知りました
なるほど!
世代によっては、そういう経路になるんですね(笑

今後もよろしくお願いします。

Posted by BustaCat at 2005年06月05日 10:08

この記事へのトラックバック

TEXAS FLOOD/STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE
Excerpt: この3日間でエントリーしたBB,CRAY,そしてこのVAUGHANともコアなブルースファンからは正当なブルースマンとして懐疑的な見方をされるケースが多いんです。そりゃー1920年代のSON HOUSE..
Weblog: ぶっとんだ音像字
Tracked: 2005-06-04 08:55

レイボーンとベースとヴィーナス
Excerpt: ひょんなことからとあるバンドのサポートとしてLIVEに出ることになった。 BASSで。 ワタクシ本職はVoです。 でもベースで。 …楽しみ… ステージ..
Weblog: Music,Motorcycle,and my life....
Tracked: 2006-01-22 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。