2005年10月19日

Beck-Ola?

magritte_la_chambre.gif

この絵を見て、ジェフ・ベックのBeck-Olaを思い出したでしょ。
もっとも、ジェフ・ベック・グループは2期の方が人気があるから、Beck-Olaは知らない人の方が多いかな。
この頃のベックは、ZEPPを横目でみながら、かなり焦っていた時期ですね。
ロッド・スチュワートにいたっては、この頃の(自分の歌)を、思い出すのもイヤだ、とまで言っっちゃってます。でも、この頃のベックに特別な閃きを感じて絶賛する人もいます。

さて、この絵は、マグリットの"La Chambre d'écoute"という1952年の作品。英題は"Listening Room"
ジェフ・ベックがマグリットを好きだったのかどうかはよく知りません。

ルネ・マグリット (René Magritte) は、シュールレアリスムを代表するひとりとされるベルギーの画家ですが、「目に見える思考」という言葉が示すように、他のシュールレアリストとはかなり方向を異にしていたようです。
マグリットはデ・キリコの作品『愛の歌』に衝撃的な閃きを感じて、強い影響を受けました。

そのデ・キリコですが……
今、東京の大丸ミュージアムで『巨匠 デ・キリコ展』をやってます。
くわしくは、オクターブさんのところで紹介されてます。

で、マグリットにもどって、この人の有名な作品に
pipe.jpg

『これはパイプではない』Ceci n'est pas une Pipe という人をくったような面白いのがありまして、
この作品には、フランスの哲学者フーコー Michel Foucault が魅せられて(というより、この作品の持つ笑いにすいこまれるようにして)同名の本まで書いてます。

フーコーの閃きは、しばしば『笑い』からもたらされています。
得体のしれない、こみあげるような、笑い。

BustaCat@芸術の秋気取り
閃きの秋だっ(笑

【関連する記事】
posted by BustaCat at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
はい、私もBeck−Olaを思い出しました(笑)
マグリットもちゃんと見たことなかったんですけど、
確かに、他のシュールレアリストと感じが違いますね。
キリコの図録から「愛の歌」があるかどうか
探してみたんですけど、なかったです〜。
う〜ん、どんなんだろう?
キリコはわかり辛かったですねぇ(苦笑)
BustaCatさんが見れば、わかるのかもしれませんね。
「これはパイプではない」も、何故か知ってます。
フーコーお好きなんでしたよね?
同名の本、読んでみようかしらん?

>閃きの秋だっ(笑
私も、閃きたいっ(笑
Posted by オクターブの共鳴音 at 2005年10月19日 08:36
コメントどうもです。
閃きを表現に変えるというのは、いうまでもなく才能が必要です。
特にそれを論理的な文章にするには、才能に加えて、とてつもない労力がいりますよね。
そして、そうやって書かれた論理的な文章から、元にある閃きを類推するのは、
これまたとてつもない労力が必要……

となると閃くだけの方が簡単?
なんか、子供にかえればいいだけのような気が……

シュールレアリストって、自分の作品であるとか、創作の方法論を、
間違えて解釈してる人が多いのではないかという気がしてます。
別に解釈が間違っていても、それこそ才能があれば表現に差し支えはないのですけど……
特に『無意識』に関してのシュールレアリストの勘違いは、ちょっと厳しいかも。

『これはパイプではない』は薄い本だけど結構ヘヴィ〜ですよ(笑
Posted by BustaCat at 2005年10月19日 22:18
こんにちは。
「これはパイプではない」買ってきました(笑)PARCOですぐみつかりまして。
(まだ、全部読んでないです。)
※あと、ニーチェ・セレクションも。

「RaulMidon」とPrinceの「Musicology」も遅まきながら購入しました。
RaulMidonの歌って、スティービー・ワンダーとジョージ・ベンソンに影響を受けている感じがしたんですけど?(笑)
個人的には3,13曲目が好きですね〜。

PrinceのことをBustaCatさんにお話するのは恐れ多いので・・・(笑)
でもCinnamon Girlはどう聞いてもマドンナのマテリアル ガールに聞こえてしまいます〜! ←どうでしょう?
Posted by オクターブの共鳴音 at 2005年10月30日 14:18
「これはパイプではない」楽しんでください!
私も本棚から引っ張り出しておきます(笑

『ニーチェ・セレクション』っていう本は評判が良いみたいですね。ニーチェは爆弾なので、変に爆発しないように気をつけてください(笑
もっとも、フーコーもニーチェで爆発した一人だけど。

>RaulMidonの歌って、スティービー・ワンダー……
スティービーの影響はもう明らかだと思いますよ。
Raulって、あまりにも素朴なので妙にはまってしまいます。なんというか清々しいまでに素朴……

>マドンナのマテリアル ガール
……って、どんな曲だっけ(笑



Posted by BustaCat at 2005年10月30日 22:34

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。