2008年03月15日

Albert King & Stevie Ray Vaughan



なんとも微笑ましい、親子セッションです。もちろん血はつながってませんが。
親父:Albert King
息子:Stevie Ray Vaughan

Stevie Ray Vaughan(SRV)がスローブルースを演るときには、いつも必ずアルバートスタイルでした。
それが、親父(アルバート)の目の前で弾くわけですから、微笑まずにはおれません。

私が若い頃、3人KINGの中では、アルバートの評価が圧倒的に高かったものです。
SRV は懸命に弾きまくっているのですが、親父(アルバート)に比べたら鼻たれ小僧です。
親父の方は Go ahead! Go Ahead! と煽ってます。

ビデオでは、何故か途中から音と映像がずれちゃっているので、ちょっとわかりにくいですが、やっぱ、この親父はスゴイです。少なくともスローブルースでは息子はとてもかないません。

でも、今や、この二人とも故人なんですね。寂しいです。

posted by BustaCat at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギタリスト Guitarist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。