2006年04月08日

ブラックなグルーブの奇数

 この記事は、去年の10月に書きかけたまま放置してあったものです。

 JAZZの名曲に"TAKE5"というのがあるのをご存知と思う。5拍子というのは変拍子ではあるのだが、実は、ブラックなグルーブにとってのナチュラルな拍子でもある!?……と同時にFUNKな『うねり』の源泉でもあるのでは?というお話。

とりあえず下の図をクリックして拡大してみてください。
grv_f1.jpg
こんなモノわざわざつくる私も暇人!

上のA)、B)は、四拍子と普通の16ビートのタイミングを示したもの。
C)はJAZZでよく使われる2泊3連(2符3連)とそのウラ(グレーのところがウラ)。最近PrinceがBlackSweatの後半でモロに使ってますね。
問題は C)。これは一小節を五等分した五拍子とそのウラ拍をあらわしたもの。
そして D)は、よくあるアフロ・ビートを16ビートして表したもの。さらに E)は、ラテンの基本リズム『クラーベ』をやはり16ビートとして表したもので、F) は、クラーベの最後のビートにシンコペートをかけたパターン。

 これをよ〜く見ると、見えませんか、グルーブのウネリが、幾何学的に(笑

 偶数で分割した1小節と、奇数で分割した1小節が、第1泊目でシンクした後、当然のようにウネリを生じます。要するに最小公倍数の地点でビタっとシンクして後はズレたり重なったりしながらウネルわけです。

 そこでJBセオリー! 「ドあたまだけははずすな。」このだけがミソだと思うんです、私は。

さて、早いけど今日の結論。FUNKとは

(幾何学+SEX)÷ 2 (式1……笑

である。

 音楽と数学の相似性が指摘されることは多いけれど、それは大抵、多分和声とかスケールとかについて言っているんですね。でも、グルーブというものもまた、非常に美しい幾何学模様だと、私は考え(感じ)ます。
 例えばPrinceは、この美しい幾何学模様を非常に誇張されたユニークなやり方で強調表現していると……

 ここで式1における『SEX』とは何ぞや。という話からジャックさんがコメントに書いてくれた、「エロい」ベース・ラインの話が始まります。それはまた後日。
posted by BustaCat at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉー!楽しみにしてます<エロいベース
ドあたまって大事ですよね。
これがコケたらもう。。。
考えただけで鳥肌が(汗)


お知らせです>
この度ブログをお引っ越ししました。
又今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ジャック at 2006年04月09日 23:48
ジャックさん。毎度です。
ん〜と。思いつきで書いてますんでどこへ転げるかわかりませんが、期待しないでお楽しみに(笑

>この度ブログをお引っ越ししました。
既に知ってます!
こちらこそ今後もよろしく!
Posted by BustaCat at 2006年04月09日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9689789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。