2005年09月28日

ヴャーチャル・ギター

3lp_gk2.jpg

妙なモノを手に入れました(正確には借り物)。
虎目のレスポールの話ではなく、
レスポールにくっついているモノの話です。

時間がないのでリポートは後日ですな。
このBLOGでMP3を公開するまで頑張るぞ(笑
posted by BustaCat at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

そそられるギター

tele_sth.jpg

これは、某オークションに出ていたテレキャスなんですが、
ご覧の通り、黒ネック、ストラト・ヘッドという変わったもの。ピックアップには、ビル・ローレンスを使用してます。
ビル・ローレンスのピックアップを使用したストラトを1本持っているのですが、
ものすご〜く良いピックアップです!
ノイズ少ないし、バランスいいし、レンジ広いし。
最近知ったのですが、ビル・ローレンス氏って、ジミ・ヘンドリックスのギターのメンテをやっていたんだそうです。

因みにプリンスが弾く「カッティング」の音。アレは、少なくともストラトでは絶対に出せません。憶測ですが、テレキャス系のギターを使っているのでは…と思います。
で、上のギター、もしかして、プリンスのカッティングの音に似た音がでるかも……などと考えながら、そそられております。

別にギター買うつもりは今のところないのですが、
オークションでヴィンテージ系のギター探すのが楽しくて好きです。
posted by BustaCat at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

リトル・ウィングを弾く

ここを訪れてくれる方々には、楽器をやる方が多いように見受けられるので、新シリーズを試してみます。
題して「ジミを弾いてみる」かな(笑
曲は、もう、当然のようにリトル・ウィングです。


|Em - - - |G - - - |Am - - - |Em - - - |

|Bm - - - |Am- - - |G - F - |C - |D Em C|D...


素朴に書くとこんなかんじのコード進行。ベタにやってしまうと何と言うことのない曲になってしまいます。
ギターを弾く人なら音をざっととるだけならそんなに苦労しないでしょう。
でも、ジミの小技の微妙なニュアンス(手癖っぽいですが)を真似するのは、なかなかに難しいです。
小技の微妙なニュアンスを再現できないと全然ジミに聴こえないし、この名曲の繊細さには近づくことが出来ません。
たとえば有名どころでデレク&ドミノスがこの曲をカバーしてますが、どちらかというと「ベタ」なニュアンスで、私としてはあまり好きになれません。この曲はやはり、さりげなく、儚くやらないと、良さが出てこないように思えます。

繊細な曲なのですが、ジミは決して撫でるような弾き方をしているわけではなく、むしろ相当大胆なプレイです。
「大胆にして繊細」……これこそまさにジミですね。
リズムは、全体に緩〜く跳ねていますね(気持ち黒っぽくて気持ちいいです)。これを強く跳ねるとまんまスティービー・レイ・ボーンになります。
続きを読む
posted by BustaCat at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

愛器 その1

strato03b.jpg

 私が持っている3本の Storatocaster のうちの1本。最近一番よく触るギターです。
 Fender Eric Clapton Signature MODEL 友人から譲り受けたもので年代不明。

 このギターのいいところは、パワーがあってサウンドの幅が広いことです。Strato らしい繊細な音から、ハムバッカー風のパワフルな音まで、エフェクタに頼らず手もとのツマミだけでコントロールできます。また VOLUME を絞ったときでも音が締まっているところが気に入ってます。これらの特徴はみなアクティブ・サーキットの威力ですね。
 逆に気にいらないところは、パワーと引き換えに繊細さに物足りなさを感じるところ。ナチュラル・ディストーション、ノン・エフェクタみたいなセッティングのときに、もう少し Fender らしい音だして欲しいと、贅沢なこと感じてしまうわけです。
 例えばの話、Jimi Hendrix の Little Wing をこのギターで演っても、いまひとつピンとこないというか、気分が出ない…

 全体としては、バランスのとれた優等生タイプのギターと言えそうです。
posted by BustaCat at 01:42| Comment(2) | TrackBack(2) | ギター Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。