2006年11月19日

Message From Nine To The Universe/ Jimi Hendrix

nineToTheUniverse.jpg

Jimiの69年のスタジオ・セッション集。
"Nine To The Universe"として80年にLPがリリースされ、それはCD化されていなかった。今回のリリースは80年のリリースに5曲のボーナス・トラックを加えたもの。
因みに80年リリースのアルバムも、そのブートも私は持っていなかったので、この音源をはじめて聴くことになる。

結論から書くと、久々にワクワクさせられるJimiを聴く事ができた。

とにかく、注目すべきはLarry Young がorganで参加したtracks 3,4につきる。
Larry Youngは、マイルスの"Bitches Brew"に参加しているキーボードプレイヤー。The Tony Williams のLifetimeにJohn McLaughlinとともに参加しているし、Lifetimeには、Jack Bluesも参加している。
とにかく、ここで、Larry YoungにインスパイアされるJimiのプレイが凄い。晩年のライブではほとんど聴く事ができなかった類の可能性を感じさせてくれる。
それは"Jazz"的なアプローチというような簡単な表現で済ますことができないもので、Jimi独自のユニークなJazz/Rockスタイルとしか言いようがない。
結局のところ、晩年のJimiの可能性は、ロック・トリオの限界をはるかに超えるものであっった事は確かで、必然、Jazzプレイヤー達の力を必要としていたことは間違いないように思われる。

01. Nine To The Universe (8:48)
02. Jimi/Jimmy Jam (8:01)
03. Young/Hendrix Jam (10:26)
04. Easy Blues (4:17)
05. Drone Blues (6:18)

06. Midnight Lightning Jam (11:58)
07. Highway Of Broken Dreams (14:16)
08. Lonely Avenue Jam (2:48)
09. Lover Man (4:13)
10. Trying To Be (7:15)

ライナーによれば、80年リリースのLPに収められたものは、アラン・ダグラスによるEdited Versionであって、今回のリリースは、無編集?のRaw Materialが提供された、ということになっている。確かにあからさまな編集の痕跡はなく、しかもサウンド・クオリティは非常に高いし、それ以前にJimiの演奏内容は驚くほど充実している。

そもそも、今回のリリースとほぼ同じ内容とおぼしきブートCDが既に出回っていた模様。また、トラック1,2,4,5は、ばらばらにブートLPが流出していたらしい。

セッションの参加メンバーは、ライナー記載によれば
Jimi Hendrix - guitar/vocal (all tracks)
Billy Cox - bass (all tracks)
Dave Holland - bass (tracks 2,4,6,7)
Buddy Miles - drums (tracks 1,2,8,9,10)
Mitch Mitchell - drums (tracks 3,4,5,6,7)
Jim McCartey - guitar (track 5)
Larry Young - organ (tracks 3,4)
Larry Lee - guitar (track 10)
Juma Sultan - percussion (track 10)

ということになっているが、drumについてはかなり疑わしい。
Jim McCarteyは、track5だけではなく2にも参加している。
特にtrack6-10の音源の素性はよくわからず、メンバーの記載も怪しい。
資料によれば、track4のEasy Bluesは、ニューヨークのHit Factoryスタジオ、trak1,2,3,5は、同じくニューヨークのRecord Plantスタジオで録音されたことになっている。

正直track6-10は、クオリティも落ちるし、なくてもよかったのではないか。
個人的には"Easy Blues"1曲だけでも3000円払う価値があったと思っている。

posted by BustaCat at 23:39| Comment(5) | TrackBack(1) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

Jimi Hendrix Live at Woodstock Special Edition



今回のリリースで初公開の映像は以下の通り。
Message To Love
Hear My Train A Comin’(disc2)
Spanish Castle Magic
Lover Man
Foxey Lady
Hey Joe
 これで、既発のCDと同じ内容の映像が実際の演奏順に見られるようになった。今度こそ決定版でしょう。

 今回の目玉はなんといっても、アルバート・グッドマンなる(当時)学生が撮影したモノクロのビデオ映像が収められたディスク2だ。このアルバート君、「勝手」にステージに上がりこんでドサクサに紛れながら、ホームビデオでJIMIのステージを撮影し、それを36年間大事にしまってあったという信じられないような話。
 だいたいにおいて1969年にホームビデオなんてものがあったのか、と疑問に思って調べてみると、1965年に世界初のホームビデオCV-2000というのをSONYが発売している。さすがSONYというべきか。それで、アルバート君は、このCV2000を携えてWoodstockへ出向いたというわけだ。

sony_c11.gif

sony_c28.gif

 ご覧のとおりオープンリールでかなり大きい装置。お世辞にもポータブルとは言い難い。もちろんモノクロ。

 さらに疑問なのは、こんなバカでかい装置を持って、ステージに勝手に上がりこむことなど可能だったのか、ということなのだが、これについては映像を見てみれば納得がゆく。
 JIMIが演奏中のステージには、数えきれないほど大勢の人間が、ちょうどバンドを半円形に取り囲むように群がっている。これ全部関係者・スタッフかよ……違うよな、って感じ。このドサクサの中でひとりくらいビデオを回している奴がいたところで別に不思議はない。なんとも……おおらかだ。
 問題の画像の方だが、全ての演奏が収められているわけではなく、とぎれとぎれになっていて、途切れた部分を本編映像で補って曲が繋がるように編集されている。モノクロだし画質もお世辞にもよくはない。しかし、この画質の悪さがかえって生々しく感じられ、36年間密かに眠っていた映像の価値を誇っているようだ。

 劇場ではじめてWoodstockのJIMIを観たとき、JIMIはとても醒めているように見え、それがとても神々しく感じられたのを覚えている。見ようによっては疲れているようにも見えた。しかし、今回ほぼステージの全容の映像を通して観てみると、JIMIは意外なほどリラックスして演奏を楽しんでいるのがわかる。
 そして、今更ながら……この日のJIMIはやはり特別だ。
続きを読む
posted by BustaCat at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

Blues At Midnight

blues_midnight.jpg

Al Kooper が出たところ、丁度良いタイミングなので、これを紹介しておこうと思う。
Blues At Midnight
いうならばJimi の「スーパーセッション」。Al KooperはTrak-7に参加している。
Al Kooperのアルバム「スーパーセッション」の直前の時期にあたる録音で、要するにAl Kooperは、前に書いたように一番オイシイところを持っていってる。
Track-1から6が1968年3月17日、カフェ・ア・ゴー・ゴーでのセッション、Track-7が4月15日ジェネレーション・クラブでのセッションということになっている。
音質は、ほとんどアマチュア・バンドのリハーサル録音「以下」のサウンドなので要注意。このテのリリースに手を出す人はよくわかってると思うけど。

ジミのセッション三昧の日々を聴くという意味もさることながら、ここでは、Elvin Bishopとの熱いギター・バトルが聴き物、ではあるのだが……
Elvin Bishop には、実に申し訳ないが、このバトルほとんど勝負にならない。
Elvin Bishop が悪いわけではない、相手が悪いのだ。並べてしまうとジミが凄過ぎる、というかほとんど音楽をプレイする『次元』が違う。
エルヴィンのギタープレイは、やはりブルーズらしく弾こうという意思が根底にあって、その分だけある種の束縛を受けている。それに対してのジミは、いつものように天衣無縫の自由……この差は、並べてしまうと大きい。とくにStormy Monday Bluesを聴くと、そのように思えてしまう。
ちょっと、意地が悪いけれど、ジミの凄さを音圧として感じることのできる録音であると思う。
Elvin Bishop 様、御免なさい。あなたはジミと比べさえしなければ最高!です。

ところで、このアルバム、国内MSIからのリリースで、レーベルもMSIとなっているのだが、権利関係とかいったいどうなっているのか、さっぱりわからない。
それと、Track-7の録音日とセッション・メンバーの記述「怪しい」と思うのだが、何の証拠もないので詮索はやめておく。


posted by BustaCat at 01:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

BAND OF GYPSYS!

bandofG.gif

このアルバムはジミの生前のアルバムの中でもひときわの異彩を放っており、しかも重要なアルバムであると断言できる。

まず、ジミの生前唯一のライブ盤であること。
ジミの独自の『ブラック・ミュージック/ファンク』が全開になっており、それはジミの音楽でそれまで前面にあまり出てくることのなかった、もう一つの音楽的側面を最前面に出すものであったこと。
そして、まさにこのアルバムでの演奏がマイルス・デイビスを強くインスパイアしたこと。そのことで、ジミの影響力はロックの枠を超えジャズ全体にまで及ぶことになるということ。

続きを読む
posted by BustaCat at 02:00| Comment(3) | TrackBack(1) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

ELECTRIC LADYLAND

ELEC-100.jpg

Electric Ladyland

The Jimi Hendrix Experience の3rd アルバム。1968年10月にリリース。日本では翌69年の3月にリリースされている。US チャートでは1位に、UK チャートでは最高7位になった。UK チャートが意外に低いのは、ヌード・ジャケット問題のせいか?
Jimi の代表作であつると共に最高傑作であると紹介されることが多い。最大の力作であることは間違いないし、重要なアルバムであることも間違いないのだが、このアルバムを最高傑作と呼ぶことに、私としてはほんの少し抵抗がある。
今更の「たら・れば」は虚しいのだが、もし Jimi が "First Rays Of New Rising Sun" を完成していれば、それが間違いなく最高傑作であったと思う。後、ほんの少しだけ時間があれば……。

続きを読む
posted by BustaCat at 00:55| Comment(6) | TrackBack(2) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

Jimi Hendrix Woodstock の覚書

Woodstock2.jpg

 Woodstock の Jimiに 関して現在入手可能なものとしてCD と DVD がある。CD は2枚組みで16曲を収めており、オリジナル演奏時の曲順で、2曲を除いてほぼステージの全貌を聴くことができる。DVD の方は文字通りの「いいとこ録り」で、曲順もオリジナルとは違うし、かなりの編集がなされているが、その編集はとても丁寧になされており完成度は高いと思う。

 最初に書いてしまうと、Woodstock における Jimi のステージは、全体としては、いまひとつ冴えない出来だったということがある。誤解しないで欲しいのだが、全体として冴えないといっても、部分的には素晴らしいプレイがたくさんあるし、これが歴史的な名演であることに意義を唱えるつもりは全くない。しかし、CD で再現されたステージの全体を通して聴いてみると、出来のいい曲と悪い曲の差が激しい。出来・不出来の差が激しいということは、要するに全体として調子がよくなかったということなのだ。DVD に収められた演奏は、名演の名に恥じないものだが、そこからはずされた演奏については……結構辛いものがある……。
続きを読む
posted by BustaCat at 19:45| Comment(2) | TrackBack(1) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

Axis:Blod As Love

axis.jpg

 マイルス門下出身のジャズ・ギタリスト、Mike Stern マイク・スターンは、ジム・ホールやウェス・モンゴモリまで引き合いに出して、Bold As Love に収められた "One Rainy Wish" における Jimi のサウンドが「詞的」であることを賞賛している。
 Axis:Bold As Love は、Jimi にとって異色のアルバムで、レビューするのがとても難しいのだが、Jimi を称えるギタリストたちは皆、間違いなくこのアルバムを愛しているように思う。そして、私にとってはは、Little Wing が収められているというだけでも、このアルバムは特別な作品だ。
続きを読む
posted by BustaCat at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

Jimi Plays Berkeley

jimi_berkley_dvd.jpg hendrix_berkley_cd_L.jpg 

Jimi Plays Berkeley
Berkeley Community Theatre, California
Sat May 30, 1970

Tower Of Powerが共演

 70年の Jimi は、過密スケジュールがたたってか(おそらくそうだだろう)終始体調が冴えず、ツアーもフェスティバルもコンディションに恵まれないことが多かった。Jimi のマニアたちの中には、70年代のライブはテンションが下がっていると評する人もいる。しかし、たとえ悪いコンディションのときであっても、常に最低線のコントロールが利いていて、それなりのレベルの演奏を聴かせていることを考えると、少なくともトリオでのギタープレイはこのときすでに円熟の域に達しているように思う。

 そんな中、このバークレイでのコンサートでは、Jimi のコンディションはかなり良かったようで、演奏内容もとても充実している。断片的だが映像を観ることができるし、2nd Show の演奏は CD で全ての演奏を聴くことができ、しかもそのサウンド・クオリティはきわめて高い。

 ここでは、DVD と CD をまとめて紹介してしまおうと思う。
 

続きを読む
posted by BustaCat at 08:13| Comment(2) | TrackBack(2) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

Are You Experienced?

 旧Blogに掲載していたレビューに若干の加筆訂正を加えたものです。
 「作品」レビューというのには、ちょっとこだわりがあって、Jimi の生前にリリースされたアルバムだけを「作品」と呼ぶことにします。
 読み返すとなんだか「偉そう」な文章で、何様のつもりだ、と感じられる向きもあるかもしれませんが、Jimi のことを書いていると、ついついテンション上がってしまうのです。どうかご容赦のほど……

areyou1.jpg

01. Foxy Lady (3:19) CBS Recording Studios, London, Dec 13, 1966
02. Manic Depression (3:41) De Lane Lea Studios, London, Mar 29, 1967
03. Red House (3:42) CBS Recording Studios, London, Dec 13, 1966
04. Can You See Me (2:33) De Lane Lea Studios, London, Nov 1966
05. Love Or Confusion (3:11) De Lane Lea Studios, London, Nov 1966
06. I Don't Live Today (3:54) Olympic Sound Studios, London, Feb 1967
07. May This Be Love (3:10) Olympic Sound Studios, London, Apr 3, 1967
08. Fire (2:43) Olympic Sound Studios, London, Februay 3, 1967
09. Third Stone From The Sun (6:44) CBS Recording Studios, London, Dec 13, 1966
10. Remember (2:48) De Lane Lea Studios, London, Feb 1967
11. Are You Experienced? (4:13) Olympic Sound Studios, London, Apr 3, 1967
12. Hey Joe (3:29) De Lane Lea Studios, London, Oct 23, 1966
13. Stone Free (3:36) De Lane Lea Studios, London, Nov 2, 1966
14. Purple Haze (2:50) De Lane Lea Studios, London, Jan 11, 1967
15. 51st Anniversary (3:16) De Lane Lea Studios, London, Jan 11, 1967
16. The Wind Cries Mary (3:20) De Lane Lea Studios, London, Jan 11, 1967
17. Highway Chile (3:32) Olympic Sound Studios, London, Apr 3, 1967

 イギリスで 1967年の5月に発売された、いわずとしれた Jimi Hendrix のデビューアルバム。プロデュースは Chas Chandler。Jimi を発掘しUKでデビューさせた仕掛け人である彼のコンセプトは非常に明確だった。このサイケデリックでアグレッシブな衝撃的ロック・スターの魅力を、できるだけキャッチーでコンパクトにまとめようとしたのだ。この試みは大成功をおさめている。この新しいロック・スターはそれまでのUKのビートロック・スター達を一気に、凌駕するインパクトを持っていた。


続きを読む
posted by BustaCat at 20:24| Comment(3) | TrackBack(0) | ジミ・ヘンドリクス REVIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。