2008年10月04日

東京JAZZ スライ 再放送

東京JAZZの模様が、9月22日から27日までの間NHK-BSで放映されたのですが、録画しようと思ったら、ウチはBS-hi見られないのですね。
TVをほとんど見ないので知りませんでした(笑。

でも幸いBS2で再放送されます。
プログラムは以下の通りです。多分。
(違ってたらすいません)

10月6日 24:00
FRENCH JAZZ QUARTER ALL STARS
日野皓正クインテット
ロン・カーター・カルテット
デヴィッド・サンボーン

10月7日 24:00
Opening by jammin’ Zeb
上原ひろみ & 熊谷和徳
ザ・グレイト・ジャズ・トリオ by ハンク・ジョーンズ special guest appearance by デヴィッド・サンボーン
ハンク・ジョーンズ & ロン・カーター with NHK交響楽団

10月8日 24:00
上原ひろみ〜HIROMI’S SONICBLOOM
リシャール・ガリアーノ & ザ・タンガリア・カルテット
ミシェル・カミロ・トリオ

10月9日 24:15
ロベン・フォード
サム・ムーア
スライ & ザ・ファミリー・ストーン

10月10日 24:40
ジョージ・ベンソン
フォープレイ
(ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ラリー・カールトン、ハーヴィー・メイソン)
東京JAZZ SUPER JAM featuring フォープレイ and デヴィッド・サンボーン
ボブ・ジェームス(p)、ネーザン・イースト(b,vo)、ラリー・カールトン(g)、ハーヴィー・メイソン(ds)、デヴィッド・サンボーン(sax)、リッキー・ピーターソン(key)、サム・ムーア(vo)、ラリー・エトキン(tp)、ダン・シプリアーノ(sax)、大野清(bs)、青木タイセイ(tb)

並べてみると結構豪華ね・・・
一時間半枠ですので、1アーチスト30分程度の編集になるのだと思います。スライについては、御大がステージの上にいた分は、ほぼ全部見られるんじゃないかな。

さて、私が生で観たのは、10月9日に放映予定の分だけです。
とりあえず、先にBS2で放映された『ダイジェスト版(1アーチスト1曲編集版)』を見たのですが・・・生で観た時とさほど印象はかわりませんでした。

前の記事では、スライについてのみ、感傷的な感想を述べただけだったので、ロベン・フォードやサムについての感想を軽ーく付け足しておきます。続きを読む
posted by BustaCat at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | FUNK/P-Funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

本当に来た スライ&ファミリー ストーン

未だ興奮さめやらぬ、という感じです。

8月31日 東京国際フォーラム ステージA 東京JAZZ でのスライ&ファミリー ストーン

良かった、とか悪かったとか、そんなこと言ってる場合ではありません。だって、スライが本当に来たんですから。

一つ朗報として、今日のステージの模様がNHK-BSで放映される予定だそうです。カメラが3~4台動き回っていました。クレーン吊りのカメラまであったな・・・。
今回見逃された方は是非この放映をご覧ください。

ネタばれにならない程度にステージの模様を紹介しておきます。続きを読む
posted by BustaCat at 00:10| Comment(8) | TrackBack(1) | FUNK/P-Funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

スライ!スライ・ストーン

ご無沙汰です。
あちこちに『奇跡の初来日』という言葉が踊っていますが、スライが本当に来てしまいます。
正直未だに信じられない。本当に来るの?...本当に演るの?...

そういうわけで、8月31日の東京JAZZに行きます!

何しろ情報をGETするのが遅すぎてブルーノートは完売。東京JAZZはなんとかチケットがとれました。

正直、演奏内容なんてどうでもいいです・・・と書いてしまうと身も蓋もないけれど、奇跡の来日に同席することのみに意義があるという感じです。

それにしても共演が、ロベン・フォードとサム・ムーアというのも、よく意味がわかりませんが、サム・ムーアというのが泣けます。
posted by BustaCat at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | FUNK/P-Funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

シスターロゼッタ

復活したのはいいけれど、どうも投稿が停滞しがちのこの頃。
心機一転、BLOGを全面模様替えしました。新緑バージョンだなこれは。
コンテンツブロックが狭くなったので、長文になりがちな私のBLOGが読みやすくなったと思うんだけど・・・

今日はやたらに元気の出る音楽を紹介。



Sister Rosetta Tharpe
1915〜1973年
戦争の前後、30年代末から40年代にかけて活躍したゴスペルシンガー。
ゴスペルシンガーとはいえ、ギターがメチャうまいです。
映像はたぶん60年前後のものということなんですが、この豪快な歌いっぷりと後半のギターソロ…たたみかけるノリがちょっとスゴイと思いませんか?
なんか原点を見せられるようで、目が覚める思いがします。
なんか元気でるな〜。

古くはエルビスプレスリーから、アレサ・フランクリン、ジョン・レノン、若手ではデレク・トラックスまで影響は多大。です。
posted by BustaCat at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

Human Body

Make You Shake It
01 Make You Shake It
02 Tomorrow
03 Keep Your Head Up
04 Hit Me
05 As We Lay
06 Please Help Me Find Her
07 There Is Nobody
08 I Believe We Can


忘れられた名盤ではなく、日の目をみることもなく消えた幻の名盤。
84年リリースから23年ぶりになる2007年11月の初CDリリースです。
ZAPPファミリーの一応コーラスユニットということになってます。
ヘビーなFUNKサウンドに、これでもかというくらいのキャッチーなナンバーが実に正統派ブラックコンテンポラリ。これが売れなかったら何が売れるの? と言いたくなるような実に爽快なわかりやすさ。
これが幻の名盤となってしまったのは、どうやらレーベルの経営悪化によるプロモーション不足が原因ということらしいです。
84年のリリースですから、ちょっとカッコいいPVでもつくって流しまくっていたら、もしかしてマイケル・ジャクソンより売れたかも(笑
・・・というくらいにキャッチーなアルバムなんですけどね・・・ミュージック・ビジネスは難しい(笑
続きを読む
posted by BustaCat at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FUNK/P-Funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

Planet Earth〜PRINCE_CONTROL さんへのお返事

以下は、前の記事「Planet Earthのレビュー」にPRINCE_CONTROL さんがつけてくれたコメントへのお返事です。

PRINCE_CONTROL さんは>今年出るアルバムのための軽い前口上のようなもの と仰っているのですが、そうであることを切に願います。

なるほど、仰るとおりこのアルバムは「戦略的」なのかもしれません。
聞くところによればPrinceのアルバム セールスの半分はUSで、残りの半分がUS以外だそうです。日本はその中でどのくらいのシェアなのでしょう?
世界というマーケットを相手にした音楽戦略というのは、とても私に想像のつくものではありません。
このアルバムのセールスがどの程度であるのか知らないのですが、雑誌などの批評や、若い(と思われる)人たちの反応を見ると、戦略はかなり成功しているように見受けられます。
続きを読む
posted by BustaCat at 01:50| Comment(2) | TrackBack(0) | プリンス Prince | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

Planet Earth

Planet Earth

1. Planet Earth
2. Guitar
3. Somewhere Here On Earth
4. The One U Wanna C
5. Future Baby Mama
6. Mr. Goodnight
7. All The Midnights In The World
8. Chelsea Rodgers
9. Lion Of Judah
10. Resolution

遅ればせながらのレビューです。
この4月でPrinceはデビュー30周年なのだそうで、ちょうどいいタイミングかもしれません。

いつになくレビューしにくいアルバムです。もっともPrinceの場合、レビューしやすい作品などあり得ないかもしれません。

1曲目のタイトルトラックをリビングで聴いていたら、家族から「これPrince?!・・・キング・クリムゾンみたい」という驚きの声があがりました。キング・クリムゾンというのは極端かもしれませんが、いいたいことはよくわかります。私は最初に聴いたときピンク・フロイドを連想しました。似たようなものか・・・。
60年代末のUKプログレッシブロックを思わせる大袈裟な構成とサウンド、内実はシンプルなサウンド。やはりどちらかというとピンクフロイドでしょう。強いていうなら、Electric Lady Landの後半を思わせると言えなくもありません。

続きを読む
posted by BustaCat at 01:58| Comment(4) | TrackBack(0) | プリンス Prince | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

Johnny Winter 不滅のB級ロックンロール(差替)

Live Johnny Winter And

1. Good Morning Little Schoolgirl
2. It's My Own Fault
3. Jumpin' Jack Flash
4. Rock And Roll Medley: Great Balls Of Fire / Long Tall Sally / Whole Lotta Shakin' Goin' On
5. Mean Town Blues
6. Johnny B. Goode



ギタリストとしてのJohnny Winterの評価は不当に低いと思うのです。今にも忘れ去られていまいそうな気配があります。

Rolling Stone の
The 100 Greatest Guitarists of All Time」 で、
Stevie Ray Vaughan 7位
Johnny Winter 74位
同じテキサス出身の白人ブルーズギタリストとして、Stevie Ray Vaughan(SRV)は、評価も知名度も高いのに、何故Jonny Winterの評価はこんなに低いのか・・・。これには納得できないものも感じます。

この人の評価の低さの理由を色々と考えてみた末の結論は、この人が超一流のB級ギタリストだ、ということです。
例えば、ディープな映画ファン(自称映画通)は、「B級SF」や「B級ホラー」を観る事はあっても評価はしないでしょう。でも、「B級SF」や「B級ホラー」には、映画の楽しさの原点が詰まっています。しかもB級映画の中には映画というものの本質を見事なまでにスッパ抜いた傑作が、少数とはいえ存在します。
Johnny Winterは、映画で言えば、そうした傑作B級作品に似ていると思うのです。
自称音楽通達にとっては評価しにくいギタリストでしょう。Jimi Hendrixを称えるのは実に簡単ですが、Johnny Winterを称えるのは少しばかり勇気が必要かもしれません。
そんなこともあって、私が大々的に紹介します。

レガシーロックギターの本質、というものがもしあるとすれば、Johnny Winterはその一面を見事に濃縮しているかもしれません。
続きを読む
posted by BustaCat at 01:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ギタリスト Guitarist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

"Red Earth" Dee Dee Bridgewater

Red Earth -Malian Journey
Dee Dee Bridgewater
01) AFRO BLUE
02) BAD SPIRITS
03) Dee Dee
04) MAMA DON'T EVER GO AWAY
05) LONG TIME AGO Footprints
06) CHILDREN GO ROUND (Demissenew)
07) THE GRIOTS
08) OH MY LOVE "Diarabi"
09) FOUR WOMEN
10) NO MORE
11) RED EARTH "Masani Cisse "
12) MEANWHILE
13) COMPARE TO WHAT

最近こればかり聴いています。強く推奨できるアルバムですが、もったいないので自分一人で聴いていたいような気さえします。
個人的には、ここ数年に聴いた新譜の中でベストのアルバムと言ってしまってもいいです。

アフリカへのルーツ回帰モノという企画は決して珍しくありません。しかし、このアルバムは、単なる企画モノという範疇で語ることのできない凄みを帯びています。
何故、今、アフリカのマリで録音するのか、という、その経緯については こちら を参照してください。

とりあえず、その雰囲気を触りだけでも味わってもらおうと、動画を見つけました。
冒頭をマリのグリオット Bassekou Kouyate の妻Ami Sako(?)が歌い上げた後で、Dee Dee が物凄いパワーで突っ込んできます。
かなりの聞き物だと思います。
ジャンルはJAZZです。World Musicではありません!


このライブ(TV用ライブ?)はかなり荒っぽい演奏ですが、アルバムの方では、マリの伝統音楽(Malian Music)とDEE DEE のJAZZが、美しくも力強いコラボレーションを聴かせてくれます。
素朴な音楽に心和む、という類のものではありません。緻密で濃密なアンサンブルに圧倒されるような出来栄えです。
続きを読む

2008年03月26日

普段はあまり書かないこと

ferrari_0124.jpg

F1の2戦目が終わった。
かつてF1の烈々ファンだった時代があった(今は、なんとなく惰性で見ている)。鈴鹿サーキットまで出かけて観戦したこともあって、この時の日本GPは、スタート早々に、セナとプロストが第1コーナーで接触という有名なレースだった。
写真は我が家の Ferrari 2005年 モデル。なめてはいけない(笑。これラジコンでちゃんと走る。ちゃんとオーバーステアになっていて、フルスピードで乱暴にステアリングを切ると、それらしくとスピンする。

オシム監督が退院した。何を隠そう、この人の熱烈なファンだった。日本代表がどうこうということよりも、この人のサッカーがどこへ行くのかを見届けたかっただけに残念だけれど、こればかりはどうしようもない。
小学生の頃サッカー少年だった。理由は単に野球が下手だったから、というもの。
そういえば、今日はこれから代表のW杯予選だ・・・。



これは文春文庫から出ている JAMES BROWN の自叙伝。日本で文庫版が出たのは2003年だが、オリジナル本は1986年に出版されている。
買ったときには、興味のある部分だけを拾い読みする程度ですませていたのだが、訃報をきっかけに全部をじっくり読むことになった。読了後目頭が潤んだ・・・いや、マジで・・・。だいたい私が「JB曰く〜」云々という時には、この本を参照していることが多い。今度あらためて紹介したいと思っている。
元々、JBについて語るなどという、恐れ多いことをするつもりは、全くなかった。でも、亡くなってみてはじめて、意外にもJBについて詳しく語られた記事が(少なくともネット上には)少ないことに気づいた。思うに、「げろっぱ」は知っていても、彼が何者であったか、を知る人は意外に少ないのかもしれない、などと思った。
未だに、恐れ多いことには変わりがないけれど、これは宿題としてやってみたいと思っている。

レビューを書きたいアルバムがたまっている。しかし、今は年度末+月末=最悪・・・である。年度が明けたらゆっくり書こう・・・


posted by BustaCat at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。